「建替え or 新築 費用」の検索で来られた方へ

検索して来られた方へ、はじめまして!家の建替えや新築の費用が気になっている方にオススメの記事を書いています。
リンク先:新築建替えの費用は結局いくらかかったのか?(2012年2月8日 もぐ)

2010年9月1日水曜日

無念のセキスイハイム。さようならボクの夢

正直、もう家なんて
いらないって思いました。
いきなりタイトルの通りで、セキスイハイムは断念することになりました。
前回紹介しましたセキスイハイムからの見積もりですが、780万円での販売抽選に当選していれば、事実上あの本体価格から1000万円値引きで購入できていた訳でした。

その倍率は、660分の1!

まぁ、当たりませんわな。
でも、当たらなくてもいろいろ値引きサービスや、こちらからも、これとこれはいらないです。とか、これはグレードを下げます。など、交渉の結果、最終的な見積もりは2200万円ほどまで縮小できました。

大まかではありますが、ウチのローンプランとしては最大で頭金は500万円ほどまで用意できそうでした。
そうすると、2200万円ー500万円=1700万円のローンを組めばいいわけです。
今なら「フラット35」などの低金利住宅ローンが使えますので、(というか、転職したばかりなので普通の銀行ローンの審査が下りないんです)このシミュレータを使うと、

月々約4.8万円×12ヶ月×35年ローン

という感じになります。
年間の支払い金額でいうと、60万円ほど。ボクの場合、給料は年俸制となっておりそのボーナス金額もわかっています。これが約75万円。つまり、ボーナス払いだけに集中しても今の給料だけでおつりがくる算段になります。

実際は、現在親に借りているローンがさらに加算されてくるのですが、これは家を建てるに当たって、この分の返済は嫁に働いてもらって返していくことで合意していました。
さぁ、セキスイハイムに決めてさらに細かいところを詰めていきましょう。という段階に入ったところで、嫁が、

「ちょっと待ってください。私の親に相談させてもらえませんでしょうか?」

出た。出ましたよ。
確かに、ローンの一部を親に助けてもらうなどのことはありますが、ここまで来て何を相談するんだろう?と思いつつも、それで嫁がスッキリするならそれからでもいいか。と思い、その場での返事を保留としました。
ここから、また長い記事になりますが、書かずにはいられないのでご容赦を。

次の日も仕事だというのに、その日の夜中に嫁の実家に行くことに。
そこで、嫁から親への相談が始まります。
すると、ここの仕様はどうなっているのか?ここの工事は見積もりに入っているのか?などの逆の質問攻め。仕様など頭に入っていない嫁は、だんだん不安に。

それもそう。現在の決定するのは、このままセキスイハイムと契約する意味ではなく、セキスイハイムがボクたちを、施工依頼する前提で話し合いをさらに進めていくかどうかの返事をする段階なだけです。
そんな段階で仕様など完全に決まっているハズもなく、まだまだ話し合わなければなりません。

さらに、毎月4.8万円を今の家計から捻出するのは不可能だし、これから子供の教育費もかかってくるので、生活もできない。とのこと。

アンタ、家を新しくするのに、働く気ゼロかいっ!

いや、ゼロではないんですが、今は子供が小さいから働けないからとかなんとか。
いや、ローンは35年かけて返すんだからいますぐ働けとは言いませんがな。それを、自分のパートを当てにしてもらっては困る。とか言われたら、何の計画も建てられませんがな。

何にしても頭に来たのが、嫁の親から言われた

「キミたちは他の人より収入が少ないんだから、身の程にあった家を選ぶべき」

との言葉。
このブログもいつかは、関係者にも見られることでしょう。
それでも書かずにはいられません。

ボクとボクの家族が住む家です。
ボクが一生懸命働いてお金を出して手に入れる、一生の住まいです。
それを、なぜあなたたちに「身の程」まで言われないとダメなんですか。

「家なんて30年ほど持てばいいもの。鉄骨で60年も持たせる必要もないし。」

30年っていったら、まだボク66歳です。まだまだ住んでいかなければなりません。
だいたい、嫁が親に相談する意図もわかりません。
最初から予算オーバーということにこだわるなら、それ以上セキスイハイムで相談する必要なんてなかったわけです。

完全に、嫁はセキスイハイムは止めようと意見が固まりました。
ボクも嫁との同意なしに押し進める気はありませんでした。

この事件は、ボクにとってあまりに悲しすぎました。
これだけのローンを組むのだから、家長としてさらに働かなければ!という意思も崩れ去りました。方々から言われる、「あなたの収入は少ない」などという言葉は、現在の働く気力すらも失わせました。

でも、それだけ家を建てるということは、経済的にも人生としても大きな事件を巻き起こすものだと悟りました。中には、家を建てたり改築する中で、夫婦の折り合いが悪くなり、離婚。ということも聞きました。
本当にそんなことは起こりうるものです。みなさんもお気をつけて。

0 件のコメント:

コメントを投稿

欲が出てしまうブログランキング

ちょっと調子になると、こんなことを始めちゃいます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
ブログランキング参加中!バナークリックにご協力を(´Д⊂グスン
それより「新築 1500万円」でGoogle・Yahoo上位の方が大事だけど。